ヤクルト スワローズ セリーグワースト記録の16連敗

おはようございます。とまとら(@tomatora28)です。



ヤクルト スワローズの連敗が止まりません。

広島カープ戦の5月14日以降、17日間勝ち星無しで6月を迎え、昨日のベイスターズ戦で敗戦し、16連敗となりました。

1970年以来49年ぶりの16連敗で、セ・リーグワースト記録に並びました。

プロ野球ワースト記録は1998年の千葉ロッテマリーンズの18連敗です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.5.30 何を話してるんでしょうか❓ つば九郎がココちゃんを慰めているように見えますが… いつも仲良いですね😊 #つば九郎 #つば九郎先生 #2896 #球団マスコット #バレンティン #ココちゃん #coco #神宮球場 #仲良し #東京ヤクルトスワローズ #ヤクルトスワローズ #東京ヤクルト #ヤクルト #yakult #yakultswallows #swallows #😊 #野球観戦 #野球好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい

ヨッシーさん(@tayo)がシェアした投稿 –

スワローズの5月14日以降の逆転負けの数を調べてみました。

  1. 9-4
  2. 9-7    逆転負け
  3. 3-4
  4. 6-11
  5. 0-7
  6. 3-2
  7. 3-2
  8. 1-0
  9. 1-6
  10. 3-10
  11. 8-10   逆転負け
  12. 7-8     逆転負け
  13. 3-5
  14. 0-13
  15. 3-2
  16. 0-7

こう見ると、いかに先制点を取られているかが分かります。

スワローズの先制点奪取は、16試合中3試合のみです。

 

トータルの得点と失点を見てみます。

  • トータル得点48点  1試合平均得点3.2点
  • トータル失点109点  1試合平均失点6.8点

平均失点6.8点では、いい打者がいようと中々きついです。

勝つには、8点か9点ぐらい取らないと安心できない失点です。

これは、プロ野球のどのチームでもここまでの打撃力はないでしょう。

野球はオフェンス力より、デフェンス力

私個人の意見ですが、野球はデフェンスが重要なスポーツと考えます。

もちろん、オフェンスを疎かにすれば、勝つことは出来ませんがまずはデフェンスなんじゃないかと。

守りを固め、いかに失点しないかをチームで遂行、実践しない限り、オフェンスにいい流れは生まないと感じます。

 

いろんな意見があるかと思いますし、これは持論ですので、ひとつの意見としてお聞き頂ければ幸いです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

# これで8連敗 まー、きっと明日は えっ⁇ 8連敗してたチームですか⁇ ってぐらい 大量得点で試合に勝つチームが ヤクルトですので 明日は本拠地神宮での試合 明日こそは勝って笑顔で帰りましょう #東京ヤクルトスワローズ #ヤクルトスワローズ #つば九郎 #まさひろカメラ

まさひろさん(@masahir0909)がシェアした投稿 –

 

ここまで、負けがこむと、どこまでこの記録はいくのだろうか気になります。

歴史の目撃者になる日は近いかもしれません。

本日は、ベイスターズ戦です。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です