【2019年】確定申告書提出と住宅ローン控除申請に必要な書類に関して

おはようございます。とまとらです。



住宅ローン控除申請のために必要な書類

平成30年度確定申告を3月6日に最寄りの税務署に提出し終えました。

東京都最寄りの税務署地一覧

国税庁 より引用

申告書以外にも必要な書類があり、記録も兼ねて書いていきます。

  1. 確定申告書
  2. 源泉徴収票
  3. (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  4. 住宅ローンの年末残高等証明書
  5. 土地・建物の登記事項証明書
  6. 売買契約書または建築請負契約書の写し
  7. マイナンバーの本人確認書類

これだけ必要でした。

土地・建物の登記事項証明書を集めるのを知らなかった!?

確定申告書を作成し、残高証明書や契約書の写し、

マイナンバーの書類は自宅で集まりますが、

この登記事項証明書は、最寄りの法務局や出張所に

取りに行かなければならないのです。

全く、わかっていませんでした。

登記・供託オンライン申請システム

上記のサイトから、オンラインで発注と決済して、

最寄りの法務局に取りに行ってきました。

 

オンラインでなくても、作って頂けますが、

事前に作って、後は受け取るだけの方がスムーズかと思います。

わたしは、運良く、すぐ受け取れました。安心。

 

そして、この事項証明書の作成には不動産番号が必要です。

マンション購入の際に、もらった資料の中に

事項証明書があるので、そこに書いてあります。

オンライン作成で、この番号を打つので気をつけてください。

税務署は10分ぐらいで、提出完了

最寄りの税務署では13時過ぎに20人ぐらい

列ができていて、並んでから書類確認、

提出までは、10分ぐらいで終わりました。

 

もっと、待つのを覚悟していたので、

タイミングがよかったです。

今回が初めてではなかったので、ある程度の

体感はありましたが、行ってみないと分からないので

書類提出は時間に余裕をもって行くのをおすすめします。

 

久しぶりの確定申告は、個人的には楽しめました。

色々、面倒な所などあるかと思いますが、

こういう、書類を集めて、記入し、提出しにいくのが

嫌いじゃないなと改めて感じとれました。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です