ウォルト・ディズニー huluの経営権獲得

おはようございます。とまとらです。


ウォルト・ディズニー huluの経営権を完全取得

アメリカのウォルト・ディズニーは、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の経営権を完全に取得したと発表しました。

Hulu

引用

 

動画配信サービス強化を強めたい、ディズニーの戦略は、今後の株価にどう影響していくでしょうか。

これで、ウォルト・ディズニーは3本の動画配信の柱が揃いました。

  1. ディズニー(6.99ドル/約765円)
  2. ESPN+(4.99ドル/約546円)
  3. hulu(1,007円税込)

全て、私にはツボ過ぎて、お得なパックが出たら、即契約しそうです。

その時の価格も気になりますね。

日本未対応のESPN+はこんな表記になってしまいます。

ナイス ジョークです。

ESPN+は入らず、ディズニーとhuluパックはありそうですね。

ESPN + 

引用

日本のhulu経営は、どうなっていくのか

ウォルト・ディズニーがhuluを取得し、日本のhullu経営はどうなっていくのでしょうか。

日本のhuluは日本テレビの子会社が事業を取得しています。

今後、この動きで、流れが変わっていくのでしょうか。

ウォルト・ディズニーの動きに注目です。

子供から大人まで好きなディズニー、スポーツ、大人向け動画充実のhuluと魅力的な動画配信サービスになりそうな予感はプンプンです。

問題は、日本にいつ来るのかと、価格です。

動画配信競争が、どんどん激しくなり、様々なコンテンツが入り乱れていますので、ポイントは価格かと考えます。

内容は充実するのは、予想できますので、価格とリリース時期が気になります。

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です